1月, 2015年

ご挨拶

2015-01-05

チャレンジドらいふの目指すところ

社会福祉法人チャレンジドらいふはデンマークのノーマリゼーションの提唱者バンク
ミケルセンの理想を実現し、障害を持っている人たちが地域の中で幸せに生き生きと生
活が出来る一助となれるよう親たちが中心に設立されました。
「障害を持っている人たちの生活条件を障害を持っていない人たちの生活条件に可能な
限り近づける事」の理念を基本に1、仕事、2、住居、3、余暇の各分野で役員、職員
一同、保護者の方々の協力、地域の方々のご理解を頂きながら、まだまだ微力ではあり
ますが、努力を重ねてまいりました。
今後の国家財政を考えると、社会保障をめぐる環境はますます厳しくなって来る事とは
確実と言われております。
当法人も時代の流れをしっかりと読み取り、保護者の方々のご希望や、障がい者の方々の
高齢化も踏まえ、その時々に応じた即効力のある対応ができるよう、次の世代を背負っ
て立てるような若い力を積極的に導入し、常に研鑽をしてゆかなければならないと考え
ます。

最も生きる力が弱い人たちが幸せになれる社会はすべての人たちが幸せになれる社会
です。
私たちは障害を持った人たちが人生の終盤期に生きてきて本当に良かったと、本音で言
えるような施設、地域、社会を役職員一同本気で目指して行きます。
これからも多くの仲間の方々のご理解、ご尽力の程、宜しくお願い申し上げます。
社会福祉法人チャレンジドらいふ 理事長